2013年01月09日

金融リテラシーの要は、家計簿をつけること

 結婚してから30年近く
 ず〜っと家計簿をつけてます
 年末に〆て 
 お正月に、結果を出し
 その結果を踏まえて、その年の予定というか、目標を出します。

 新婚さんのころ、2DKのアパート暮らしでした
 社員寮に空きがなかったし、社員寮はボロかったし(バブル前)、人間関係わずらわしかったし・・
 
 その頃、固定費は月に25000円ほどでした
 電気、ガス、水道、電話代、新聞代、NHK代くらいでした

 でも今
 部屋数も増えたし、アパート時代より浴槽も大きいので
 電気、ガス(床暖含む)、水道代は増加

 電話代にはスマフォ代がかかり、光通信のネット代も加わります

 持家なので、固定資産税がかかり

 NHKもデジタル分が増え
 地震保険に、銀行に払う貸金庫代。

 新聞は、夫のお仕事の関係で2紙とってます
 ということで
 なんと、平均すると毎月6万円を超えるのです!

 う〜ん
 それでも、住宅ローンとか学費がないから、まだましなんですよね。
 生命保険も一括ではらっちゃいましたし。

 デフレの時代であり、円高で原油とかの輸入代があがることなくきたのに
 それでも、便利になるほどに固定費は上がってました。

 この6万円をいかに節約するか、というのが今年の目標です

 そして、節約した分を、貯金や投資に回したいと思います

 毎月6万円×12か月=年間72万円です
 節約しがいがありますね(^^;)


明るい貯金生活家計簿 2013


 
【関連する記事】
posted by のほほん投資家 at 07:00| 金融リテラシーを上げる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする